どれくらい健康を意識するのか?

健康について考えている人は多いでしょう。
何を食べるのか、何を食べていけないのか、運動はどれくらいするのか。

そういったものを勉強すればするほど意識しなくてはいけないことが
見えてきます。
おそらくほとんどのことが真実で実際に健康に影響を及ぼしているのでしょう。

ただし、注意しなくてはいけないのは、「健康が大事」とそればかり
追い求め過ぎるあまり、人生の充実を損なうような本末転倒なことに
なってしまってはいけないということです。


食べるものを極端に制限して、生活の自由もかなり束縛されて、
健康に縛られ不自由に生きていくのはきっと楽しくありません。

あるデータでは、健康管理された食事を与え続けたグループと、
好きなものを食べさせたグループとで、後者の方が平均して長生きする人が
多かったとされています。

これは有名な話です。我慢することでストレスを感じたことが原因かもしれません。

だからといって、好き放題に食べるよりも無理のない範囲で適度に管理した方が
いいのでは?と僕は思います。


単純に長生きを目的とするのではなくて、
日々の生産性アップや、頭の回転を早くするという点で
食事や、運動などの健康習慣は大きく影響しています。


知らないから意識できない人も多いですが、
やってみればわかることです。まったく違います。
まったく違った状態で人生を過ごせば、
まったく違う人間の人生になることは想像に難くないでしょう。

どこでバランスをとるか?

これが健康についての一つポイントだと思います。
一人一人基準は違って良いはずです。
自分なりの健康の基準を設けておくことで、迷わずに取捨選択できるようになって
より豊かな暮らしを送れるようになるはずです。

そのためのきっかけとして、自分なりの健康に対する考えを
いくつかまとめていきたいと思います。

それを参考にしてもしなくてもいいですが、あなたの健康についての考えを
整理し直す一つの材料にしてもらいたいです。

全体を通じて大事だと思う考えは一つです。
「その健康法を実践するためにかかる手間と、得られるメリットを考えた時
そのメリットは手間に十分見合っているのか?」


このように考えるだけで、どうすればいいかは自ずと分かると思います。
さじ加減はそれぞれ違うはずで、
同じ事実があったとしても、それを受けて実践するのかしないのかは
それぞれ変わってきてもいいと思います。
ネイルスクール

アンチエイジング方法